ArtArt StoryStory

雑草

雑草

いくら抜いたって、

いくら切ったって、

いくら虫に食べられたって、

雑草は凄まじい生命力でグングンと伸びていく。

 

人は野菜を育てる為に雑草を抜いたり、切ったりした。それでもやっぱりすぐにドンドンと伸びてくる。人々は大変だなぁと思った。

 

偉い人達は言った。

「良い方法があるよ。毒を大地一面にいっぱい撒くんだ。そうしたら雑草は枯れて死ぬし、野菜を食べる虫も死ぬ。」

 

普通の人達は言った。

「偉い人達が言うなら間違いないね。でも、それだったら野菜も枯れて死んでしまうじゃないか?」

 

偉い人達は言った。

「大丈夫だよ。毒で死なない様に改造した偉い野菜があるからね。だから、この偉い野菜と毒を一緒に使えば大幅に効率が上がるんだよ。」

 

普通の人達

「なるほど。流石だね。偉い人が言うなら間違いないね。偉い野菜と毒の両方買うよ。楽しみだなぁ。」

 

流石の雑草も新しい毒攻撃には敵わない。

 

ぐわぁ。

偉い野菜以外の皆んなは枯れて消えていった。

 

普通の人達は言った。

「よしよし。」

 

普通の人達は毒のシャワーを沢山浴びて育った偉い植物達を食べた。

 

ありがとう、いただきます。

ムシャムシャ。

あれ?人の身体も同じ毒では死なない様に改造されているのかな?

 

偉い人達は言った。

「大丈夫だよ。」

 

次の年、雑草は復活したよ。ピョコピョコと小さな芽を出して、再び空を目指して伸びた。そうしたら、人々はまた毒を撒いて枯らした。同じ様に毒に耐えられる偉い野菜だけが生き残って、また人々のお腹を満たしてくれた。

 

ありがとう、いただきます。

ムシャムシャ。

あれ?そもそも偉い植物達って食べても大丈夫なんだよね?

 

偉い人達は言った。

「大丈夫だよ。」

 

次の年もその次の年も同じことが繰り返された。雑草と人の戦いはいつも人が勝った。人々は毒を浴びて育った偉い植物を食べ続けた。

 

時は流れて、

 

ある時から人々は酷く病んで苦しくなった。

その病氣は以前は存在しなかった。

 

何でだろう?何処から来たんだ?

 

流石の人も新しい病氣攻撃には敵わない。

 

ぐわぁ。

偉い人達以外、皆んなは病んで死んでいった。

 

偉い人達は言った。

「よしよし。」

 


 

時は流れて、

 

偉い人達も

誰も居なくなった頃。

 

大地をよく見ると、

小さな小さな雑草の芽が生え始めていた。

 

「ピョコピョコ。」