バンコクでデジタル+ストリート+アート / Where The Light Is

現場写真の画像

デジタル+ストリート+アート / Where The Light Is

 

【Digital + Street + Art 】

 

9月後半にタイの首都バンコクにて

デジタルとストリートを融合させた

私自身の新しいアートプロジェクト

「Where The Light Is」を実施しました。

(=光のある場所)

 

(2022年9月17日)

現場写真の画像

 

突如、夜の街中に投影される巨大な光る絵。

 

現地人や外国人観光客の方々が

足を止めて鑑賞していました。

 

あくまで投影してあるだけなので、

従来のストリートアートのように

建物に直接色を塗ったり、

半永続的に傷を残すようなことはありません。

 

しかし、

作品を目にした人々の脳裏や心には

きっと半永久的にアート的な

「何か」が残るはずです。

現場写真の画像

 

実施場所は、

バンコクで最も有名な「カオサン通り」

という道の近くでした。

 

カオサン通りは、

少し昔はバックパッカーの聖地でした。

多くの安宿と旅人が集まっていました。

 

そして、現在は姿形を変え、

夜通し爆音が響き続けるバーやクラブが

立ち並ぶ夜のパーティースポットになり、

毎日大勢の人が押し寄せます。

 

当初はカオサン通りで実施予定でしたが、

夜でも昼間のような明るさでいて、

物凄い人混みと、お店の数と、

洋服や肺がビリビリと震える程の音量の

音楽で満ち溢れていた為

 

急遽、カオサン通りを抜けた

近くの道で実施いたしました。

現場写真の画像

 

暗闇をアートの光で照らす

 

闇があるから光が輝く

現場写真の画像

 

夜、突如現れる大きな光る絵を見た人は

何を感じていたのでしょう。

現場写真の画像

 

バンコクの皆様ありがとうございました!

 

その後、

タイ国内を北上してパーイという街にても

Where The Light Isプロジェクトを実施しました。

 

そこでは、とても神秘的なメッセージを

受け取ることができました。

合わせてどうぞ。

次の記事

 

現場写真の画像

写真撮影・提供

 

写真撮影・提供:Yu Takahashi

バンコクでデジタル+ストリート+アート / Where The Light Is” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。